清水彩月のライブ情報、問い合わせ

プロフィール

画像の説明

清水彩月・しみずさつき・satsuki shimizu  

民謡歌手・ヨーロピアンポップス歌手&女優
使用楽器:唄・三線・太竿三味線・ちんどん太鼓・ウクレレ
★紹介★
海外での長期間の滞在をきっかけに、日本の良さを再認識し、日本の唄を求めて1996年より日本民謡を、1997年より津軽三味線を、2000年より八重山古典民謡を勉強し始める。同時に、パンチの効いた伸びのある声と三線の持つ独特の空気感、そして愛郷とユーモアたっぷりの自作の歌物語の数々を沖縄三線で弾き歌う。顔で歌ういたこ系唄うたい。

代表作に自然農法家(故)福岡正信氏の詩に曲をつけた「徐福伝説」やヨーロッパの砂漠緑化運動に向けて作った「粘土団子の歌」など、他にも数々の感受性豊かなオリジナル作品を持つ。また、兵庫県淡路島洲本の盆踊り歌 「四季の八狸」 の歌と三味線を担当しCD化され地元のお祭りやイベントで親しまれている。(CDは既に完売)
2010年秋『月と蛙』で銭湯音頭を発表!第五回銭湯キングに選ばれる。
2015年小川岳志監督による『一匹の親分 マタタビ地獄篇』のサントラ音楽を製作。(「京都国際映画祭」クリエイターズ・ファクトリー優秀賞受賞)
2016年あやつり人形劇団「みのむし」での「笠地蔵」の音楽をピエモンテルノで製作。

現在は、日本民謡や三味線、三線でのソロ活動の他、 ピエモンテルノ という表現太郎氏とのオリジナルユニット、歌×3人のジ・オリンピクス、奄美在住のウクレレボーカル、あおきさとみとの月ネコ等、他ジャンルの奏者との共演、施設での歌の講師等、幅広く活動中!!
現在まで、各ユニットでCDアルバム計9枚リリース。
詳しくは問い合わせ&CD

幼児向け〜老人施設、学校公演、神社仏閣、地域のお祭りイベント等の出張演奏では、ニーズに合わせ、民謡、童謡、明治大正昭和歌謡も弾き語ります。

趣味 : 古き良き日本の文化を放つ銭湯巡り/天然酵母パン&焼菓子製作/農作業
特技 : 南京玉簾。
: 京都在住の阿波っ子2世。青春時代は伸びよ尼っ子 愛犬家のB型。

画像の説明

月と蛙 銭湯音頭が京都新聞に  

画像の説明

2011/1/12 京都新聞朝刊の17ページに銭湯音頭の記事が載りました。
京都下京区、錦湯さんでのイベントの様子です。

心と心つなぐライブ『月と蛙』ライブが新聞に!!  

画像の説明

2009/12/14新潟県上越 高田小町での『月と蛙』ライブの記事と写真が地元の新聞「上越タイムス」9481号2009/12/16発行の表紙を飾りました。「心と心つなぐライブ」再ちゃんに届け!と題され、再ちゃんの家族と『月と蛙』が一緒に笑顔で載っています。素晴らしい記事です。

powered by Quick Homepage Maker 3.30
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional