清水彩月のライブ情報、問い合わせ

気まぐれ日記

ブログを始めました http://blog.tsukikoe.net/  

しみずさつきの気まぐれ日記つきこえブログにて継続  

ライブの日記と感想は あしあと live report に記載しております。

2010年2月以降の日記はつきこえブログでお楽しみ下さいませ。  

画像の説明

2010/1/10(日)ダイゴロウと入浴  

四国ツアーより帰還。しかし、ハードだったからか?喉を痛めてしまう。喉は奥までカキカキに乾燥して声が出ない。葛根湯と梅醤油番茶でしのぎ、HPを更新。
さて、旅のスポット記事その1
高知の入野の友達の家でライブの後お風呂を頂こうとドアを開けたら先約がいた。ダイゴロウという2歳の雄ネコである。このネコは子猫のときからユニークなネコだった。薪で炊かれた風呂の蓋の上で悦に浸っていたので、そのままお湯がかからない様に蓋を半分だけ開けて一緒に入らせてもらう。しかし、お湯は熱かった。薪はどんどん燃えるので水を入れる。すると風呂の蓋ぎりぎりまでお湯が来てしまい、ダイゴロウは熱かったのか、直立座りになっていた。面白いので写真を撮りたかったが、私も入浴中に携帯がある訳でもなく、ご主人が入った時に覗くと大五郎は風呂場内の衣類を置く棚にまねきネコの様に収まっていた。そこが定位置らしい。私も風呂に木酢液入れよ。写真はひょうきんコンビ、ダイゴロウとはなちゃんである。

画像の説明

2010/1/8(金)蛙君のお陰  

遠方の交通の不便な場所を連続してツアー出来るのは、蛙君が機材や楽器を積む快適な車を出してくれるお陰である。そして、運転も安全なスペシャルドライバーなので、私はツアーの移動中、居眠り小僧と化してしまう。そして、車が停止する直前に何故か目覚めて、気がつけば一面の海とか良くある事だ。高知の海は綺麗だ!高速道路もなく、人も少なく、自然が残っている。そんな高知の海を見て展望台でわーいとはしゃぐ蛙君を激写。天気もよくて最高です。蛙君に感謝。

2009/12/29(火)今年の黒豆ちゃん  

今年は26日から黒豆の準備をした。黒豆を水で一晩戻して、半日かけて炊いて、日本酒がなかったので泡盛を入れて(朝起きたら泡盛の香りで二日酔いになってしまった。)昨日ようやく種子島の砂糖を三分の一、一晩置いて今日三分の一入れる。ストーブの上でコツコツと時間が豆をおいしくしてくれる。昨年まで料理本を参考に作っていたが、どうもその本は納得が行かなかったので、ネット検索してみた。豆を炊くと言う事に対してHPで力説している人がいたので、今年はその人の意見に賛同し炊いてみた。黒豆の炊き方。結果、その人から納得の数々のツボを習得した。料理は深い。優しい甘みで新しい年がスタートされると思うと嬉しい。教えてくれて有り難う。

画像の説明

2009/12/8(火)人形エルマー  

皆さんコンバンハ!ワタシハ「エルマー」デス!ヨロシクネ!先日サックス姉妹の写真をアップした所ですが、偶然遊びに行って吹いたサックスがCD化されたご縁で「表現太郎÷イノッチ」レコ発ライブに出演が決定。イノッチ楽団の人形エルマーとして、狂った人形を演じて参りました。もちろんサックスも吹きました。この日「私はエルマー」と心の中でつぶやいていた為すっかり、エルマーが乗り移ってしまい、私を知っているお客さんも最後まで私が誰だか解らなかったようで大成功です。「左エルマー、右イノッチ」さて、明日は『月と蛙』年末大興行ワンマンライブです。『月と蛙』の魅力をたっぷりとお伝えしたいと思いますよー。お待ちしています!ちなみに、こちらが本業ですからね!

画像の説明

2009/11/7(土)武装して三味線  

今、とあるイベントで武装して三味線を弾いている。 三味線は大変弾きにくいが、 お客さんは大喜びである。 仮面はお店の人の手作りである。 どうだ!愛!

画像の説明

2009/11/6(金)初めてのサックス  

ある日、レコーディングしている仲間の所に夕飯を差し入れに行ったら、サックスを吹いてみるか?と言われた。 勿論、吹かせてもらった。 なんと、音が出た。 生まれて初めての音である。 この生まれて初めての音、 最初で最後のこの音が、 レコーディングされていた。 いのっち楽団の団員として サックスデビューなるか?!

画像の説明

2009/11/3(火)深夜のお楽しみ  

木枯らし一号が吹く中、子供劇団の稽古を終えようやく帰路に着く。時計は深夜の1時半前。 寒い中、一号線を走らせる。 ラーメン屋のネオンが道路を照らす。 腹が減った . . . . そういえば、昼飯もまだだった。 ヒーターを入れると眠くなるので、 震えながら運転。 長い信号まちで、メールを見ようとするが、 指が寒くて動かない。 滋賀で有名な来来亭に寄ろうとするが既に閉店。 ラーメン屋もしまる時間かと、しばし落ち込む。 京都に入り、天一に吸い寄せられる。 天一といえば、こってりラーメンと誰もが言うが、 私は断然、あっさりニンニク入り派である。 しかし、今回は流石に背油を入れてしまった。冷えきった胃に、じーんとくる。あー。 これだから冬のラーメンはやめられない。 量が少ない感じがするが、深夜のラーメンはこれくらいが良い。 なんだか、独りじわじわと感動。 やっぱり、空腹って大事です。 食べ物のありがたさが、身にしみるから。 心も身体も寂しいあなたに、私よりプレゼント。 はい!ラーメン。

画像の説明

2009/10/31(土) 血のりドクター  

今夜はネガポジで、ビバシェリー主催のハロウィンライブがあった。 仮装の用意のなかった私だが、 何故か血のりドクターシャツを 貸して頂いたので、調子に乗ってみた。 結構似合っているというか、仮装じゃなくて本物っぽい? 借りた聴診器で、みんなの心臓の音を聞く旅に出た。 みんなお化けでなく、生きていたわい。

画像の説明

2009/10/30(金)塩せんべい  

石垣島のお土産に手焼きの塩せんべいをもらった。原材料の所に小麦粉、植物油、塩 しか書かれていないシンプルな食べ物である。沖縄にはこのように、たぶん何もなかった昔からの簡素な食べ物が受け継がれ残っている。どんな味がするのか?えー??旨い。なんで?っていうか、これだけでこの味がでるのか?横綱を煎餅型に焼いた味だが、厚みといい、食感と言い、絶妙なのだ。ヤバイ!夕食を食べた後なのにバリバリ食べてしまう。2枚目にさしかかった時、たまらず夕食では我慢出来た発泡酒をプシュと空けてしまった。さすが、石垣人は美味しいものを知っている。しかも、ビールが進むものを。ちなみに、私の石垣のお土産ベスト5は圧縮クルマ麩、ジーマミー豆腐、沖縄そばの乾麺、サーターアンダギー、月桃餅などであるが、今度からは塩せんべいも仲間入りだな。

画像の説明
画像の説明
画像の説明

2009/10/29(木)石垣島での出逢い  

流星群が夜空を飛び交う新月の夜に南の島で出逢った生き物。
京都でいう花灯籠のように遊歩道を照らし、行く先を案内してくれる蛍の幼虫。幻想的だが、よく見るとでかい!(歩くのが)早い!グロイ! その先を行くと、何者かの気配。オオヒキガエルさん体長約20センチ。もとは南米からやってきたらしい。「絶対!中に小人が入っているはず!」話しかけるが、鈍い動作でぼってりぼってり草の中へ . . . . 。夕暮れに珊瑚の死骸で埋め尽くされた浜で耳を澄ますとヤドカリ群がお引っ越し。綺麗なお家を抱えて高い所へ登っては 何故か落ちる。ぼとっ。ぼとっ。そこへ珊瑚の死骸をなでる波。なーんにもいらない、静かな一日。

画像の説明

2009/10/13(火)スリッパが歩く理由  

オハヨ!オハヨ! サンポイコ!!ネエネエイコヨ! ギャーオカエリ!メッチャマッタヨ! ナーチョットアソボ!アソボヨ! そんな時は必ずこれです。 喜びを噛み締め、感情を噛み締め、 正に、噛み締め . . . . 。 通常はスリッパが主流ですが、 たまに、洗濯物の下着なんかを持ってくる事もあり焦ります。 もう、たまらないという時は スリッパダブル(写真を撮ろうとするとぼろっと落とす) 部屋が散らかっているときはその量も倍増です。朝気持ち良く寝ていたら、スリッパの底面が顔に突きつけられ目が覚める事も。 もう、わかった。わかったから . . . . .(汗) なんとかしてくれ!!

画像の説明

2009/9/22(火)曼珠沙華の季節  

今年も曼珠沙華の季節がやってきました。川辺に田んぼの脇に沢山さいています。都会の人には中々見れないですよね。だから明日私が曼珠沙華の描いた絵という歌を大阪のレコ発で唄いましょう。是非お越し下さい。詳しくは ライブ情報 まで

画像の説明
画像の説明

2009/8/21(金) 夏は花火でやんす  

先日、昔母が縫った花火の浴衣を着て 滋賀県の瀬田川での花火を見に行きました。 大津に比べると規模は小さいとの事でしたが、 一度にあれだけの沢山の花火が上がり倒して あんな真下で火の粉?を浴びながら 花火鑑賞したのは始めてで。 大変フィーバーしました。 凄い量の花火で、爆発音も凄い。 これは戦争経験者の人はマジで怖いやろうなと 思いました。最後の方は本間にそんな感じです。 夢の無い事を . . . . 。 もうひとつ夢の無い事ついでに ... 花火って幾ら位すると思います? 先日ある田舎の村のお祭りに唄いにいったのですが、そこでは200発の花火を70万で買ったと言ってました。 しかし、それは山間の中で開く小さい規模の花火です。 花火の大きさってどれくらいあるのだろう? また、どれくらい高く上がるのだろう?

画像の説明
画像の説明

2009/8/3 蝉も惚れる43cm級  

今朝、玄関を出ると巨大ゴーヤに惚れ惚れしている蝉を発見。おおーこれは珍しいと写真を撮っていると、隣にいらっしゃるゴーヤに頭を殴られて事故しました。いや〜面白いから行き着く所まで育ってもらおうと見守っていると、なんと43cm。流石にお尻が黄色くなりそうな気配だったので、これで断念。今年の記録は43cmか?またそれ以上が出るか?ゴーヤネタはつきません。

画像の説明
画像の説明

2009/8/2 ゴーヤのある風景  

時にゴーヤは寝起きの私に対して三日月の様にむりっとして笑っています。今日はゴーヤとトマトのミョウガあえをしました。
すべて自家製です。あー夏の良い所は野菜が美味しい事かな。

画像の説明

2009/7/27 ゴーヤの妖精?妖怪?  

月と蛙レコ発ツアー山梨&横浜を終えて帰って来たら、大雨で倒れまくった畑と実りに実った野菜が待っていた。待ちに待っていた筈のみょうがも既に花が咲き乱れてしまい、少し収穫が遅くなったが薮の中から収穫。雨上がりのビョショビショになった庭で、クモの巣とヤブ蚊と戦いながら畑の補修&収穫をする私だが、なんとも奇妙な写真が撮れた。ゴーヤと私。まるで妖精か妖怪か?

画像の説明

2009/7/19 本日の野菜  

本日収穫の野菜です。 スコールが降って来たので、 落とされるんではないかと、慌てて収穫しました。(既に、ゴーヤの花が4つ位落とされてしまった) ゴーヤ素晴らしいです。 かなり大きいのですが、判るかな? (マッチ置いてみました)後、キュリに桃太郎2つとプチトマトと万願寺とうがらしです。 私の大好きな茄子は水加減が難しいので 育てるのを断念し、購入していますが、 それ以外はこんな感じで、買わなくて良くて ありがたやありがたや。 ところで、茄子が喉に良くないって本当? 知っている人教えて下さいませませ。 皆さんも、是非家庭菜園やってみてねー。

画像の説明
画像の説明

2009/7/5 新城浪さん関西ツアーを終えて  

長い準備期間宣伝に駆け巡り、 先日ようやく一週間のライブを企画させてもらった 浪オバァのライブが目出たく終了しました。 他の人のライブ企画は始めてだったのですが、 本当に沢山の方々の協力があり、 来て頂いたお客様からも、とても温かいお言葉を 頂き、大変でしたが、企画して良かったと思います。 これも、浪さんの人徳では無いでしょうか? 流石に若い時の様に声は出ませんが、 発する言葉一つ一つがとても、力強く、興味深く 大変勉強になりました。 「私は何も知らない、学はない」とおっしゃりますが、 まさに、浪さんの人生の体験そのものが激動の日本の歴史であり その経験こそが究極の宝であります。家族の為にお座敷で唄い続けた結果、 84歳を超えてこのようにドキュメント映画になり、 本になり、沢山の人の前でライブするようになり、 国内および、海外にまでライブに出かける様になりました。 凄い事だなと思います。 人生前向きに生きている限り、 人生のはなみちはおとづれるものなんですね。 私も、回りに流される事無く、 こつこつと唄って行けたらいいなと 思います。 浪さんと密着の一週間、本当に勉強になりました。 また、浪さんが繋げてくれた、沢山の素敵なご縁に 感謝です。(浪さんはワンちゃん大好きで、マロも大活躍でした)

画像の説明

2009/5/30 かえるの合唱について  

蛙はなぜ鳴くか?蛙は一斉に鳴き出し、一斉に鳴くのをやめる。そこにキーワードがあるのでは無いのか?田んぼに向かって考える。私が来たから鳴いた訳でもないので、外的な要素でないような気がする。さて、我が家の庭の小さな畑に殿様蛙が住んでいる。そいつは普段草にまぎれているので全く気付くかないのだが、畑に脚を入れるとその瞬間にいつもピョーンと飛ぶので存在を確認する事になるのだ。そろそろオタマジャクシの季節か。と今日も我が家ではマロ議長が二本立ちでテーブル上のご飯粒を気にしながら蛙についての話し合いをまとめていた。

2009/5/20 インフルエンザ騒ぎ  

今日だけで、仕事が4本中止立て続けにキャンセルになった。こんなに世間がインフルエンザで盛り上がっているとは。京都の田舎にいると人けも少なく、未だピンと来ないのである。判った事は今月どうやって暮らそうかという事だけである。しかたがないので、部屋の片付けと睡眠を取ります。

画像の説明

2009/5/9 茶葉ふりかけ  

我が家は玄米食である。最近はひよこ豆と麦と黒米、塩を混ぜ備長炭をのせて圧力釜で炊いている。先日、その玄米にごまをふりかけようとして、ぐり茶を振りかけてしまった。なぜならパッケージの質感がとても似ていたからである。振りかけた見た目には旨そうなのだが、意外に味は想像できない。ひょっとして、こういう間違いからとんでもない発見をするもんだとテンションを上げて挑む事にする。風味はよろしい。のりっぽい。しかし、お茶葉のぱりっとした新鮮さが嫌みな程上あごに刺さり、ご飯と味が絡む様子も無く、カテキンの渋みが意味も無く残り、本当は早起きして凄く眠たい筈だったのに、脳がずっきんずっきんして眠れず、作戦は失敗に終わりました。チャレンジ精神のあるかたはどうぞ。茶葉ふりかけごはん。

画像の説明

2009/4/5(日) 着物de花見  

お知り合いに頂いた着物と、母が縫った帯を合わせて花見へ。朝は時間がなかったのでちゃっちゃと着付けましたが、家に帰った後、楽に長時間着物を着ていられる着付け研究に没頭。気がついたら日が暮れていました。さて、着物来たら記録写真を撮る習慣。しかし、何故か花見では食べる事と喋る事に忙しく、帰ってから1人必死で録った写真。広角レンズではないから帯まで写すの難しい。

画像の説明

2009/3/29(日) さんぽみち  

いつもの散歩道でとっても良い写真が撮れました。この水仙の向こうに小川が流れていて、その向こうに比叡山が見えます。美しいなー。犬は年をとっても絵になるなー。なんなんでしょうか。そこで、そんな素朴で美しい幸せの歌が湧いてきました。嬉しくって湧いて来た翌日に遊びに行った市で演奏して、途中すっとびました。あれ?なんやったけ??出来立ての旬をお届けしようと試みましたが世の中そんなに甘くはありません。ライブではきっちり味を整えてお出しします。ライブでお会いしましょう。

画像の説明

2009/3/7(金) 死を迎える時  

死に方はその人の人生を現すと言うが、本当に人それぞれで、その話は興味深い。あっぱれな死に方はあっぱれな生き方なのである。今年、丹波篠山の龍蔵寺のご住職に頂いた言葉「過程の中に結果有り、今工夫と行動を」という立派な筆で書かれた言葉を眺めながら、気を引き締める毎日。毎日を大切に生きよう。

2009/2/11(水) 石垣島ジャンボカレー  

歩いていくのには遠い、 庶民的な食堂に行きたいというと、
友達が車で「ふるさと食堂」と言う
町からちょこっと離れたお店に連れて行ってくれた。
やっぱり、石垣に来たら八重山そば食べないとね
っとヘルシーな臭いのする「ゆし豆腐アーサーそば」750円を頼む。これが、ううう旨い。
石垣には何度も来ているが、一番旨いかもという位旨い。
(腹が減っていたのかな?)
しかし、早く食べないと冷めそうで携帯で写真を撮り損ねた。
(腹が減っていたのかも?)
しかし、メニューを見ると当店一押しカレーというのがある。
どうやら、このお店はカレーがお勧めらしい。
なので、ジャンボカレー980円を頼んでみた。
これがほんまにジャンボ。
なんと、カツとハンバーグとゆで卵とチキンのから揚げと野菜が
のっているではないか。 勿論友達と分けた。
といっても二人でその二品を完食。
恐るべき食欲。この調子では確実に太って帰ります。

2009/1/13(火) wのニュース  

1/9〜1/12の間、東京におりました。ライブは1/9の一日ですが、(ライブの模様はあしあとへ)今後のライブ会場を探したり、CDを扱ってもらう店を営業したり、町を散策したり、友達に会う為に3日間を使いました。まー歩いた歩いた。そして、喋った喋った。3泊で4件の友達の家にお邪魔し、計5人の赤子(詩太君、太郎君、さちちゃん、三詩君、珠子ちゃん)と格闘し、6カ所のお店で酒やお茶を飲みました。都内と神奈川県まで足を運び、電車の乗り換えはのべ17回。楽器と重い荷物を引きずってウロウロ上がったり下がったり。大変だけど大切な友達と会えて毎日が凄く愉しかった。やっぱり習性でしょうか?
さて、ここでニュース。

その壱、東京で新たに『月と蛙』CDが買える店が増えました。
東京都中野区 タコシェ
かなりマニアックな品揃えのお店です。ファンキーです。
もちろん、今迄に引き続き、西荻窪ほびっと村のナワ・プラサードでも買えます。
どちらもお店で視聴出来ます。 

その弐、マイスペースをオープンしました。音源も聞けます。
まだ、使い方がわからず、これから少しずつ改良して行きます。お楽しみに。
清水彩月マイスペースはこちら→http://www.myspace.com/tsukikoe

2009/1/2(金) 初夢  

30日、年末ジャイアントシリーズが終わり、疲労が抜けない身体を引きづり31日は昼から掃除とおせちの準備。今年は黒豆、ごまめ、えび、数の子、さわらの味噌漬け、出し巻きなどを調理、後は買った物を詰めてなんとか夕方に出来上がる。年越しそばを、妹夫婦の経営する「桝富」という手打ちそば屋に食べに行き、平安神宮前の屋台でワンカップ片手に大盛り上がりしてしまう。元旦は大文字山に登り、御手洗団子を食べ、雑煮を食べ、親戚も加わり、鍋とおせちとチーズケーキ。全く作っては食べ作っては食べの正月である。そして迎えた初夢は、なんとエレベーターに乗っていたらあり得ない程高い所に登って行き、突然エレベーターの底が外れて手すりに宙ぶらりんになるという夢。これって、どうなん?

2008/12/27(土) 布団物語  

クリスマスの翌日、我が家に羽毛の掛け布団がやって来た。布団は毎日、しかも長年使うもの。なのに何故か自分で買うという事は無かった。今迄の布団と来たら、実家からかろうじてもらったせんべい仕立ての敷き布団と、夏は良いが何故か寸足らずで足がめちゃくちゃ寒い薄手の布団に重い毛布を重ねて金縛り状態の睡眠であった。しかし、これからは、昨年、身体を壊した時に毒素を吸い取るからと進められた真綿の掛け布団(これは高かったが病気の時は藁をもすがる気持ちで買ってしまうのだ)と合わせて、上は完璧、下は煎餅のまま。来年出世したら買おう。しかし、布団が良いと益々起きられないのが傷である。

2008/12/1(月) プリンプリン  

最近のマイブームはプリンを作る事です。
バザーでプリン用の耐熱カップを見つけてから
素朴で極上の手作りプリンを目指して修行中。
ビギナーズラックという言葉があるように、
一番最初に作ったプリンが何故か一番美味しく出来て
しかし、それでは若干量が少なく、無駄がないよう、
牛乳1000cc 他の分量を検討中。 今迄の奮闘の結果を報告します。

材料 (10カップ分)
★プリン生地
牛乳 1000cc、卵 7個 、てんさい糖 140g
★シロップ
てんさい糖 大さじ10、水 大さじ4
作り方
1、オーブンを160℃に余熱しておく
2、小鍋にシロップ用のてんさい糖、水を入れ焦がさないように加熱し、
  キャラメル色のシロップを作り、プリン用のカップに入れ分ける
3、鍋に牛乳、てんさい糖を入れ温める。(沸騰させない)
4、卵は泡立てないで切るように混ぜ、3と混ぜ合わせる
5、4をザルで一度こし、カップに入れ分ける。
6、余熱したオーブンの天板に水をはり、カップを並べ
  160℃で25〜30分蒸し焼きにし、
  冷めたら冷蔵庫で3時間程冷やし固める。

お腹の調子が悪くても、食欲が無くても、
何故かつるりと食べてしまえる優しい甘さのプリンです。
細かいコツは省略しましたが、質問の有る方はまたどうぞ。
プリンカップが無くても、そばちょこやカップでも出来るので
試して下さい。きっと、お子様も彼氏も大喜びですよ。

2008/10/19(日) あなたは何巻き?  

昨夜、久しぶりの『月と蛙』ライブをスローハンドで行ったのだが、たまたまそこへ通りかがりのオーストラリア人の観光客が二人。京都に観光でやって来て最後の夜に私たちのライブに遭遇したのだ。全く日本語がわからない外人に私たちの音楽が通用するのか?と心配したが「You are Rock!」と大変喜んで頂けた様で安心しました。私も十数年前の記憶をたどって徐々にオージーイングリッシュを思い出し、お互いの国の事について話す。彼らは日本のトイレに以上なまでの興味を抱いていた。ウォシュレットである。それは初めて体験する者にとっては驚きであろう。また、水道の蛇口の回転方向が日本は時計回り、オーストラリアは時計の反対回りである事。私は時計回りに深遠なエネルギーの意味を感じていたので、ひょっとしたら日本の裏側のオーストラリアはエネルギーが逆なのか?とか考えてしまった。その上、日本は蛇口は右回りなのに、どうしてトイレに流れ込む水は左回りなのか?と言うのだ。え??そんな事考えた事もなかった。家に帰って観察してみます。で、今日家のトイレを観察したら、全面から水が出るタイプで渦にならなかった。渦になって流れるトイレの人はどっち回りか是非観察してみて下さい。で私に報告して下さい。ちゅうか、その外人は日本に来て、トイレに流れる水をじーっと見ていたのかと思うと滑稽でならないのである。その他水について色々な事で話が膨らむ。国際的な水サミットな夜でした。

2008/10/2(木) 殺戮の唄??  

ある日、ある人から来たメルマガに「突然ですが、みなさん御存知でしたか?犬にブドウを食べさせたらいかんそうですよ。急性腎不全になることがあるそうです。最悪の場合は死に至る事もあるとか。特に皮の部分がヤバイらしいです。体重1kgあたり10〜30g程度で中毒を起こすということですから、大量に食べたりしなければ大丈夫でしょうけど . . 」実は月ネコのはたさんが我が愛犬の唄を作ってくれたんですが、その唄のサビがなんと!
「僕は犬だけど 僕は人間だけど 友達になって一緒に甘いブドウ食べよう」
なのです。うちの犬はぶどうを食べないのでなんとなく嫌な予感がしていたのですが、予感的中です。
問題はその曲をレコーディングしてしまった事です。
しかし、この事実を知ってしまったからには、この唄を世に出せば
この唄を聞いた子供や飼い主が犬と仲良くなるためにぶどうを食べさせてしまうかもしれない。幸せな月ネコの唄が、殺戮の唄になってしまう。急遽、私たちは「土佐の宇宙酒」を飲みながら「ぶどう」を何に変えるか検討。やっぱり「うどん」かな?という事になって、(この辺の発想がやはり月ネコである)「友達になって一緒に旨いうどん食べよう」と急にロマンのない庶民的な唄に変身する可能性が出てきました。うどんかぁ〜

2008/9/20(土) 自転車発電ライブ  

山水人の祭りにて生まれて初めて自転車発電ライブをしました。ライブで使う電気を自転車4台をこいで発電してライブをするのです。台風で大雨のさなかでしたが、優しくて心地よい電気の音がした気がいたします。本間です。私も自分の出番が終わったら自分の使った分くらいは発電してお返ししようと、自転車をこいで見ました。意外に電気を発電するのは大変です。あの外付けの自転車のライトをつけて山道を登るような感じです。その後は、祭りの中でメス犬のケツを追い回しては、興奮してはしゃぎ吠えまくる雄犬や、雨でヌルヌルになった坂で、わざと無駄に走り回って遊ぶ子ども達や、トランス系だか、なんだかライブ聴いて踊りまくる若い人みんなに、発電機をつけたくなる私でした。

画像の説明
画像の説明

2008/8/29(金) 高知よいとこ一度はおいで  

高知ツアー9泊7ライブから京都へ帰ってきました。 色々ありました。高知は自然が素晴らしく水がきれいで、 いい人がいっぱいいて、三線とちんどん太鼓担いで、バスと電車で行ったので、ものすごく大変なはずだったのに、 あまり疲れていません。 しかし、ほとんど毎日がライブだったので、さすがに日記を更新する暇もなく、というかネット環境がなかったよー。 いやー携帯の存在すら忘れるくらい いい日々でした。今日のお写真は最後のライブ前に高知のおひろめ市場に 一人こっそり行って鰹の刺身と生ビール小を頂いた時の写真。 一切れ食べちゃいましたが、1パック380円。生ビールをキューッと頂いて、慌ててかえったら、すっかり酔いが回って大変でした。 2枚目は最後のライブ会場ハイビスカスで飼われていた 蛇のパインちゃんを抱っこしている写真なのです。 彼女の食事は3日に一度のはつかねづみ。 ネズミをお湯で戻さないといけないのがちょっと面倒だと冷凍ねずみがそのままの姿で3匹入った袋を店主が見せてくれました。 きよえー。でもパインちゃんはとても大人しくて可愛いかったのよ。 全然ぬるぬるしてなくて、とっても肌さわりがよかったです。
そう、私、爬虫類好きですねん。

画像の説明
画像の説明

2008/7/15(火) 終わりのない決着  

マロの友達の海君が岩倉に帰って来た。久しぶりやねー。元気やった?ボク大人になったで、私も大人になったで。僕の方が上や、私の方が上やとお互いに上下関係をつけるのに余念がなく、暗くなってしまった。初めて会う陸君はマイペースだった。海君のママにプリンもらっちゃった。明日食べよう。わーい。

画像の説明

2008/7/14(月) 玉手箱はいらない  

犬の散歩してたら、雨上がりの駐車場にカメ発見。 横13センチ、縦15センチ位、ようやく片手で持てる位でかい。勿論観察する。どうやらミドリガメらしい。外来種のミドリガメは繁殖能力も強く、もともと日本にいた 草ガメもいなくなってしまったというが、 仕方ないので、近くの川に放してやる。竜宮城に招待してくれよー。 でも、玉手箱は入りませんよ。
夜、へさべさに銭湯に行く。 貴重品は受付に預けて下さいと壁に書いてある。私の後から来たおじさんが、白い犬を片手でひょいと無言で受付に渡し、風呂に入って行った。貴重品とは犬の事だったのか。

2008/7/10(木) ぺしゃんこ  

今日は市民検診の乳がん検査の日でありました。 以前も受けた事があったが、今回は違うタイプの検査らしい。 レントゲンというので、普通に胸のレントゲンを撮るのかと思いきや、実際は想像を絶するやり方であった。名前を呼ばれて、用意されていた診療トラックに乗るのは同じ。上半身を脱ぐのもあたりまえ。そこからで有る。なんと、おっぱいを上下左右に片方ずつ機械のプレート?ではさんで4枚のレントゲンを撮るのだ。これが、どんなに痛かろうが挟んだおっぱいがぺっちゃんこになるまで圧力をかけてかけてかくまくらないと写らないらしく、ぎゃーと自然に声が出るわー、顔はくちゃくちゃになるわで、まさに拷問なのである。一度、この検査を受けた人は二度と受けたがらないでしょうし、この検査のやり方は今後なくなると思う。 だから、まさに貴重な体験をしたわけである。志村けんがおばーちゃんに扮装する時のおっぱいの様に、びろーんと長くて薄いおっぱいなら簡単に撮れるのかもしれない。真面目な話、月経等の胸がはる時に検査してたら、失神ものである。病気も怖いけど、検査も怖い。困った世の中だ。女性の皆さん、病気に負けずがんばりましょう。

2008/7/6(日) 早くとりゃなきゃ  

画像の説明

朝、相方が庭の胡瓜の苗が下に這いつくばって絡まっていると言う。上手くネットに捕まっていないのかなー。夕方ふと見ると大きな茂みの奥に化け物の一部を発見!!「早く採ってよ」と胡瓜に言われた気がする。また、愛犬の口に小さなダニ発見。早くとりゃなきゃ。まだ噛み付く前だったようで、きれいにとれたので、机の上で観察。これ
がキバかな?竹串の背で裏返ったダニの胴を軽く押すと、手足がきれいに伸びる!押ー離ー押ー離ーグーパーグーパー、面白い!舐める様に観察したのち(ダニはとっても災難)相方が爪で潰そうとしたらなんと爪が裏返った。相方の爪は見かけに寄らずビニールの様に薄かったのだ。夏のプチホラーだった。

2008/6/26(木) アクロバット木登り  

朝から、庭の草むしりである。ミュージシャンなのに、腰を入れて素手でむっしゃむっしゃ、爪は真っ黒、虫はぶんぶん。昔カマあったのになー。そう、ある時、庭にまっさらのカマが落ちていたのだ。
買った覚えはない。でもよく切れるし有り難い。
なんか、わからんけど、有るのだから使わせてもらっていた。
しかし、しばらくしてカマはなくなっていた。
大家さんに訪ねるとサルの仕業と言われた。
近所の人もよく、道具が無くなるといっていた。
面白い猿もいるもんだ。
あっ日記がタイトルからソレてしまった。
その後、梅の実を取りつつ、 にょきっと天に向かった枝を切りおとすと少し上に梅が見える。がんばって、梯子を一段登り手を伸ばす。
すると、また上に。枝に足をかけてぐーんと手をのばす。
すると、また上に。今度は、家の屋根に片足をかけ、と . . きりがない。気がつくと枝と枝の間を蛇のように複雑にくぐった私が、信じられない高さにいた。こうやって、世のお父さんはぎっくり腰になるのだろうと思った。
夜8時頃、犬の散歩に行くと、蛍が川をライトアップしていた。
これが、噂のルミナリエか。

2008/6/22(日) 月ネコレコーディング   

20〜22月ネコさんを我が家にお招きし月ネコレコーディングをした。何故か偶然、二人共人間疲れをした後で、パワーストーンを身につけて自らを癒すようにお互いの波長を共鳴させるように唄い演奏した。梅雨だからずっと雨がしとしと。せっかくだから、雨の音や鳥の声、我が家の犬だす生活音なども丸ごと入れて自然体で録音。不思議にどんどん癒されていくのが解る。沢山の曲をどんどん撮り終え、夏にあと少しの課題を残して梅雨のレコーディングを終えた。とっても素敵な、とっても最高の音源が出来そうです。どうぞお楽しみに。

まとめて日記  

画像の説明

6/10(火)相方がミスった黒豆と大豆を利用してビーンズカリーを制作
6/11(水) 庭でアゲハ蝶を観察

画像の説明

6/12(木) 庭で青梅を採取し、

画像の説明

夜には暗闇の台所でこれまで漬けていた梅酒のソムリエ大会。それぞれの酒、梅、糖類の種類や量のバランスを吟味し、今年の梅の漬け方を考える。
6/13(金) 髪をいつもの月カットに切る。20:30頃、犬の散歩の途中、地元の川で蛍を見。
6/14(土) ツアーの準備し、梅酒を漬ける。いってきまする。

2008/5/20〜27 沖縄ツアー  

ヘカゲヘゴ

沖縄ツアーいやー参りました。凄く面白かったです。 ライブ告知は4日の4回予定でしたが、通算6箇所7回ライブしてきました。 日々、色んなミュージシャンや個性あふれる方々と出会い、 泡盛飲んで、唄っていた感じです。力一杯遊び、ライブしました。
沖縄北部のやんばるでは、南国の植物のパワーと子供達のパワーに圧倒されまくりました。世話になった友達の家の近くの川へ散歩に行くと、素敵な滝に出会いました。また少し川をさかのぼると色とりどりのチョウチョが何十匹も舞い飛んでいる川岸に出て、一瞬で桃源郷に連れて行かれた感じです。また、3億年前からあるシダ植物でヒカゲヘゴというネバネバしてお化けのような植物をお土産に頂き、京都まで大切に持って帰りました。それ自体に味は余り無く山芋と冬瓜をたしたような食感でネバネバで透明感のある感じ。ヘゴと同じくインパクトの強い 友達にもってもらい写真を撮りました。この植物のせいなのか?沖縄で飲み過ぎて胃が荒れていたのか?意味不明のかゆーい湿疹が手に出来ている今日この頃です。

2008/5/10(土)甘エビ定食  

昨日、キャンプの帰りに敦賀の魚屋に立ち寄る。海沿いだけあって、
沢山の海産物が並んでいたが、殆どが近海の海で採れたのではなく
北海道や遠い海から運ばれて来た魚たちだった。
これでは、お土産にならない!!
旬を聞いたら、イカや甘エビで、近海で捕れる魚は越前カレイだというので、 もう、閉店間際の焦るお兄ちゃんから、
甘エビ(100匹近く入り)?1500→?1000で2箱、
おばちゃんから、越前ガレイ9匹、?1500→?800円で購入。
お土産屋さんのおばちゃんにこっそり聞いた冷凍魚を出さないお勧めの丼屋にて
海鮮丼スペシャル ¥1800→¥1300(サービスメニューだった)
(イクラ、イカ、甘エビ、鯛、サーモン、マグロ入り)を食べて帰る。
翌日、数名誘ったが、誰も予定が合わず一人で甘エビ定食作って堪能甘エビ定食
ご飯 (お米のとおるより有機米の五分づき、7部づき押し麦、
    はるやより購入のレンズ豆入り)
おすまし(庭の恵みの三つ葉、サンショの葉、キヌサヤに、
     絹ごし豆腐と薄揚げ入り)
つけもの(信州で買って来た大根と胡瓜の溜まり漬け)
甘エビ(越後より)
甘エビが格別なのはともかく、ご飯と具沢山のおすましも
大変美味しく思わず写真を撮ってしまった。んがんん。

2008/5/9(金) テントの無いキャンプ  

我が家のGWはGW明けにやってきます。
色んなお祭り等は終わってしまっている場合が多いですが、
その分、何処へ行ってもすいています。
そして、観光客相手の店はたいがい閉まっています。
今年は、越後の方へ行ってまいりました。
九頭竜湖周辺に行くのが目的でしたが、
キャンプ場も入り口からいきなり閉鎖されていて、
入る事も出来ない為、行き当たりばったりで色々探し、
とってもとっても秘境を発見!!
遠くでは白山が拝める川沿いの静かな場所である。
よっしゃー、テントをいざ張ろうと思いきや、
テントの柱となる芯の中のゴムがびよんと切れており再起不可能。
仕方なく、車で寝る事に。
荷物を全部屋根付きの場所へ移動し、
なんとか、ギリギリ車で寝る事に成功。
しかし、やはりテントの寝心地にはかなわない。
なんなんでしょうか?
テントって本当に良く出来ていますね。
程よく、外気が入ってさわやかなのです。
火をおこして、野菜メインのバーベキュー。
そして、念願の炭火での珈琲生豆の焙煎。
しかし、火が弱かったのか、いつもは7、8分で出来る
焙煎に一時間以上の時間を要した。
焙煎器を無言で振り、炭に空気を送りの繰り返しをしていると
完全に異空間に飛んで行っていた様で、相方に言われるまで
一時間も作業していたと全く気づかなかった。
いつもは、朝方近くまで色々やって、昼前までぼーっとしている
私たちが、キャンプ中は夜9時には寝て、朝は5時には起きた。
それが、普通に出来るのが不思議。
2日目も移動して、さらに素敵な場所でテントを張るイヤ、
キャンプをする事が出来ました。
いや、山はいいですねー。
また、行きたいです。
明日から、現実だ。がんばろ!

2008/5/4(日)田舎の休日  

姪が2人、おばあちゃんと一緒に遊びに来てくれた。我が家は田舎なので、町とは違う遊びを満喫してもらおうと、色々頭の中でシュミレーションをしていた。昼について軽食をとり、レアチーズケーキを子供達と作った。冷蔵庫で冷やし固める間に山へみんなで散歩に行き、山の木陰でのんびり珈琲の生豆焙煎して、豆ひいて、珈琲ブレイク。マロも子供達も山を駆け巡り、帰りはお茶の新芽と、よもぎと野花を収穫。日が落ちかけて涼しくなった頃、やりかけていた畑のうねを作り、夏野菜の苗を植え、絹さやの収穫、水まきに励み、腹ぺこで夕食は手巻き寿司に決定。

手巻き寿司

庭で採れた産物と魚や子供達のリクエストのハムやカニかまを買って、回転皿に具を並べる。ご飯は炊きたての玄米ご飯。お寿司に玄米なんて!とばあちゃんはしきりに不満そうだったのに、結局誰もが美味しい美味しいとガツガツほぼ完食。

新茶ドライ中

食後、よもぎを蒸してあんこを入れたよもぎ餅を作り、摘んだお茶の葉も蒸して揉んで乾かして試飲。至福の時間。私が子供の頃、徳島の田舎でばあちゃんと野菜を収穫して食べた記憶が今も蘇る。その頃の野菜の美味しさを子供ながらに凄く覚えていて今に至る為、子供達にも採れたての旨さを味合わさせてあげたい。しかし、半日でめちゃくちゃ沢山の物を作ったクリエイティブな一日でした。スレンダーな姪っ子ちゃんのお腹は帰る頃にはプチメタボ状態。とっても可愛い。

2008/5/1(木)大阪2本ライブを終えて  

4/28に渋い着物を着て、芸者になりすまして、三味線でお座敷芸者のまねごとをするライブをし、5/1にはサリーを着てインド人になりすましてカレーの歌を歌いました。いやー、大阪は暑くて夏の様に汗をいっぱいかきました。 どちらも会場一杯にお客さんが来てくれて良い雰囲気。今もカレーライブから帰った所。ネコさん、がんばってましたよー。自分が大変そうなのに、みんなが幸せになって欲しいーという願いを込めたライブだったので、私たちも必死で演奏しました。 カレーは対バンのルーさんのがココナッツミルクの海老入りタイ風で ネコさんのが、トマトベースのエンドウ豆入りインドの優しい家庭料理風。 どちらも最高に美味しかったでので、私は大変幸せでした。 しかし、大阪でライブをすると帰るのが大変ですね。ライブが終わると余韻も程々に、必死で片付けて、 必死で一杯飲んで、必死で駅まで走って 最終電車に飛び乗らないといけないのが残念で残念で。
今日も、途中で腹一杯に食べたカレーを戻しそうになるぐらい走りましたが、阪急の最終に間に合わず、JRに乗る事になってしまいました。しかたなく京都駅からはタクシー。親切なおじさんで、今日はみんな幸せな気分になってほしかったので、タクシーのおじさんにも、今日これからのお客さんもいいお客さんが沢山来ます様に。と言ってお礼を言うと、深々と頭をさげられてしまいました。あー大阪ライブ2本共、終わったー。 どっちもとても面白かったぁー。

2008/4/10(木)ツアー旅記録  

ジャパニスタンで東京、山梨、甲府、信州とツアーに行って来た。ライブの模様はあしあとに書いたので、ここでは付随するおまけの愉しみについて書きましょう。今回ツアーのお供の田中氏は大のそば好きでありましたので、そばの美味しかった店を紹介。
◆奥藤そば 山梨県石和川田町
天ざる1400円程を注文。ボリュームもあり、麺はこしこしのぶりぶりの田舎そばでした。そば定食1500円程を注文すると、そばが食べ放題になるとか。凄いですね。鶏モツが名物らしい。
◆手打ちそば処 峠の茶屋 信州茅野市杖突峠 0266-73-8484
お腹が減っていなかったが、ぜんざい等のメニューが無く、寒かったので700円代のかけそばを注文。二八蕎麦が売り切れ十割蕎麦しか残っていないというので、それにするとお詫びにとフキノトウの天ぷらをサービスしてくれた。すっかり気を良くしていたら、会計で1000円と言われ目をむく。十割と言えども、峠と言えども「かけそば」である。しかし、そこは峠で見晴らしがよく雰囲気はよい。そばも確かに旨かった。

2008/3/28(金) 大衆演歌師アワー  

昨日、ネガポジでライブでした。大衆演歌師アワー、多いに楽しみました。3人のからみもさることながら、なんとも、おつで、個性があって、本当に、次から次へと色々やらかすなー。清水彩月の企画するライブは本当に面白いなー。と自分で思う今日この頃です。
しかし、お客は少なかったな。パソコンが壊れてからこっち碌に宣伝する事が出来ず、原因が分かっているだけに悲しい。ちらしはいっぱい配ったんだけど、タイトルが解りずらかったかな?
マックの救世主が現れる事を願ってやまない今日この頃です。
同じセットで、全曲違う曲で、大阪で再チャレンジをするという
事で、意気込んでおります故、今回逃した方はどうぞそちらまで、
足を運んで下さい。茶論 無花果はとても良い箱です。

2008/3/6(木) ちびからチロルへ  

マロの子犬の最後の生き残り「ちび」ちゃんも大きくなり、そろそろ「ちび」では可愛そうと相方がちびのちとマロのロをとり、「チロル」という名をつけた。今日は天気がよくて嬉しかったのもあり、朝の散歩の後、チロルは初めてのシャンプーをする。夕方は2匹の犬の散歩を長々としすぎて、犬も私もぐったり疲労。たぶん一日分のパワーを使い切ったのでは無いかという脱力感。しかも、常に元気で相手に困るので、昨晩からトレーニングを開始した。なんと、昨日で「おすわり」を、今日は「おいで」と「ふせ」を覚える。さすがにマロの子の中でも一番つわものだったからか、飲み込みが早いようです。あー手放せないじゃん。いかんいかん。

2008/3/5(水) めでたく退院  

一年前に靭帯手術の為に膝に入れたボルトを抜く為の手術入院から本日退院した。嬉しいような残念なような。いやいや、寒さを感じない部屋で、何もしなくても一日3度のバランスのとれたあっさり目の食事とお茶が用意され、時間を好きなだけ有意義に過ごせる入院は、痛みが無ければある意味天国なのである。昨年は40日に渡る入院だったので、痛みが消えてからは、沢山の本を読み、台本や唄を覚えたが、今回は8泊9日であっという間。パソコンも持って行ったので、パソコン内の整理をしたり、にわか新聞を書いたり、唄を覚えたり。あー有意義だった。さて、帰ってからの生活はマロと残された子犬の世話、家の事は勿論、春のライブに向けての準備等、脚が痛いとかいってられません。

2008/2/24(日) ジャックの旅立ち  

寒波が襲った大雪の今日、庭でいつものように犬の親子3匹の戯れ。来年の年賀状用の家族写真を撮影。そして、昼から三田から子犬を引き取りにこられる友達のご両親でもあるご夫婦が訪問。残った2匹を見て悩みに悩んだ末、雄のジャックを連れて帰る事に決定!じゃれ合う2匹を見ては「2匹とも飼えれば良いのだけど」とか、オッパイを一生懸命飲む姿を見ては「まだ、引き離すのは早いかしら」と心配するご夫婦。ゆっくりお茶を飲みながら愉しい一時。きっとこの二人ならジャックを可愛がってくれるに違いないと思った。なんだか、犬のお陰で素敵な出会い。新しく親戚が増えたようで嬉しい。写真左は無事本日づけで三田に養子に出たロバートデニーロばりの表情のジャック、写真右は最後に手元に残った私たちと縁の深そうな一番美人、ちびの写真。引き続き貰い手募集中。ちびはなるべく近くの人ならいいなー。
画像の説明画像の説明

2008/2/19(火) 今日こそは  

今日こそは稽古しようと思って、もう夜である。買い物も行きそびれてしまった。んー。昼間ぽかぽかと暖かかったので、庭に子犬を放す。子犬は庭に放すと必ずと行っていい程畑に入り、成長し遅れたネギや水菜の苗の上を歩き、ようやく立っている豆の添え木をなぎ倒し、若葉をかじる。子犬が6匹いた時に似ていて区別がつきにくいので、カラフルな毛糸で首輪を作り、適当に仮の名前をつけたのだが、抹茶色の首輪をつけたジャック君がいつも豆の苗木の所で休憩するので、それを見ながら珈琲を飲んだ。そしてつぶやいた。「ジャックと豆の木」
その後、電気屋に行った。チューニングメーターで使う電池やMDやインク等の消耗品を買いに、というのは口実で、電気マッサージ機に軽く3セット程、身体をほぐしてもらいに行くのだ。賢く車で待っていた子犬を電気や近くの公園で走らせた。びゅんびゅん走る。ほっとくと、知らないおばちゃんについて行ってしまう。ほんまに解っているのか解っていないのか解らないから、よそでもやっていけるのだろう。ちょっと寂しい。

2008/2/17(日) 身体はゴチゴチもう限界  

昨夜、ようやくHPの作成に手を付ける。今まで使い慣れたクラリスホームページはとてもとても新しいマックには読み込めず(私が分からないだけかも)ネットで調べた某ソフトをインストールして全く別の形のHPを作成している。見た目はシンプルすぎて嫌だけど、解りやすい。膨大な以前の分厚いHP内容とは違い、今回は必要な事だけを解りやすく見る事が出来るサイトに仕上がってしまった。なぜならまだ使い方がよくわかっていないからである。毎日夜な夜な気がつけば朝まで、パソコンに向かっている為か、体調がおかしい。というか、身体が痛い。助けてー。

powered by Quick Homepage Maker 3.30
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional